車修理のよくある車種
2017.07.26

車車を乗る上で、恐らく皆さんが選ばれる理由の1つとしては乗り心地や外見で選ばれる方が非常に多いのではないでしょうか?壊れる、壊れにくいという判断基準で選ばれる方は非常に少ないでしょう。今回は、車を選ぶ上で車の修理が良くある車種を調べて一緒に確認していきましょう。
【車の修理とリコールについて】修理工場などでよく見る車種が三種類ほど存在します。それはスズキ、日産、三菱です。この3車種においては人気もあり販売台数も多いものの、その分修理やリコールが多いのも事実です。まずはスズキから見ていきましょう。
【スズキの場合】ここ数年前にエンジンキーを指して一日に何度も回すと発火する恐れがあるという事で、すごい数の台数がリコールになったことは覚えていますでしょうか?スズキの場合、販売台数が多いだけにかなりの数がリコールで修理になったと話は聞きます。しかし、スズキはどちらかというとリコールの台数は多かったものの、一般の修理ではさほど悪い噂は経ちません。たまたま、その時期にこのような事件が起きてしまったため皆様の記憶に残っているようにも思えますね。基本的には安定感のあるスズキではあります。
【日産の場合】日産は2年ほど前にフーガ・プレサージュなどの人気車種のエアバックの故障がリコールの対象となりました。その数、実に30万代がリコールの対象とも言われていました。リコールの内容というのはエアバック展開時にインフレータ容器というものが破損して乗客に向かって飛び散り、最悪出火し始めるという現象が起きると言われて修理となりました。これは非常に恐ろしいですね。人命の生命を守るべきエアバックが逆に怪我の元になるなんて誰にも想像はできませんよね。日産も人気ある車種が多いのでかなりニュースにもなり話題になりましたね。
【三菱の場合】三菱の場合、アウトランダーやデリカ、軽自動車で言えばEKワゴンがリコールの対象として発表されていました。内容はなんと走行中にホイールが外れるというものです。正直、これはかなりの問題となりました。何と言ってもタイヤがはずれるという事は、車に乗っている人だけでなく、その近くを歩いている歩行者などにそのタイヤが直撃し、大きな事故に繋がる可能性が非常に高いからです。大きな社会現象にもなりましたね。
あと、三菱はラジエーターなどの水回り部分のパーツが弱いともいわれていますので注意が必要ですね。今後のランキングはどう変わるかが分かりませんが現状はこの3車種が一番修理が多いようですね。以上が良く修理のある車種でした。次回車を購入する際はエンジンや内装などもしっかり確認して購入するのがいいでしょう。

▲ ページトップへ