車の傷の直し方
2017.07.26

室内に並ぶ部屋今回は車の傷の修理方法について見ていきたいと思います。特に車の傷の塗装に関してはご自身でもできる場合があるので、車の塗装のおすすめ方法も一緒にお話していきますね。
【傷の確認から】まずは傷を見つけたらどんな状況なのかをしっかり確認していきましょう。浅い傷、表面を擦ったような傷、線傷、深く抉れたような傷など様々です。傷の深さも知る必要があるのでご自身の爪などでカリカリと傷を触ってみましょう。その傷の深さによって修理方法が変わってきます。まずは最初にやることは水をかける事から始めましょう。では水をかけるとどうなるのでしょうか?
【かなり浅い傷には?】水をかけるとうっすらと傷が消える場合は、かなり浅い傷なので比較的に簡単に修理することが出来ます。まずは水洗いをしましょう。その後にコンパウンドと呼ばれる材料を専用スポンジにつけて傷の部分を磨きましょう。磨き始めるとキュキュッと音が聞こえてきますのでそうなってくると、上手に磨けている証拠なのでそのまま続けましょう。あとは仕上げワックスを使うとよりピカピカになりますよ。
【バンパーなどの表面の擦り傷には?】車を塗装する上で一般の方でもやりやすいのがバンパー部分です。そしてこのバンパー部分というのは特に擦り傷が多い箇所でもあります。早速手順を追って説明して行きます。最初に水洗いをしましょう。その後に油分や汚れを落とす為にシリコンオフスプレーをして綺麗なタオルでふき取りましょう。そして次に使用するのはスプレーです。車の傷を塗装するのに欠かせないのがこのスプレーになります。塗り方としてはスプレー缶を傷から5~10㎝ほど離しスプレーしましょう。平行に動かすことが綺麗に仕上がるコツです。また、車を塗装でおすすめなのは2度塗りすることです。一度で塗装してしまおうとすると液だれを起こしますのでゆっくり薄く塗っていきましょう。最後に仕上げスプレーで完成です。
【ひっかき傷は深く抉れた傷の場合】車の塗装で非常に厄介なのがこの深い傷や抉れている傷です。このような車の傷の修理としてはパテを使用することとなるでしょう。まずは手順を説明します。水洗いをしましょう。その後に下地を研磨します。しっかりしておかないとパテが上手く塗れませんので注意が必要です。そのあとシリコンオフスプレーで脱脂と呼ばれる作業をして無駄な油分を除去しましょう。その後にバンパープライマーと呼ばれるスプレーをすることでよりパテをくっつきやすくしましょう。そしてバンパーをパテ塗りして、パテ研磨、研磨した周辺をマスキングして塗装をしてまた研磨をします。
このあと更に、コンパウンドで磨き、脱脂、カラー塗装をして最後に仕上げスプレーで終わりという流れです。正直なところ、ここまで車の傷の塗装をするとなるとかなり大がかりになってしまいます。下手にして失敗して二次災害を引き起こす事も十分に考えられますので、自分でできないなと感じた時は迷わず車を塗装してもらうのに修理に出した方が良いのかもしれません。この辺の決断も大切ですね。

▲ ページトップへ